アトピー性皮膚炎におすすめの薬用クリーム

詳しくはコチラをクリック

アトピーの定義・診断基準

アトピーの定義・診断基準・原因

アトピー性皮膚炎の定義及び概念は、病勢が増悪したり、一時的あるいは継続的に軽減する状態を繰り返す皮膚に感じる痒みのある疾患。

 

先天性の過敏症の一種です。

 

アトピーの語源が「原因不明の」と、言われるだけにアトピーの定義といっても難しいというのが現状です。

 

アトピーの診断基準は、

痒み
アトピー特有の皮疹とその分布
経過が長引くとか繰り返されるもの

以上の3つの項目を満たすものを「アトピー」として診断します。


アトピーの定義・診断基準・原因

ポイント3の経過期間は、乳児では2カ月以上、そのほかでは6ヵ月以上続くものと定められています。

 

しかし大人のアトピーもそうですが乳幼児のアトピーの診断は難しく、はっきりと「わからない」と言う医師もいれば「アトピーのけがあるかもしれない」と、それとなく言う医師もいます。

 

アトピーの特徴的な症状には、「皮脂が少ないなどの乾燥肌」「イララするとかゆくなる」「目の下や手のひらなどに皺が多い」「眉の外半分が薄い」「目の下の色素沈着」「耳切れ」「はたけやフケ」「肌が荒れたり切れやすい」などがアトピーを診断するときの基準とされます。

 

またアトピーの診断で除外すべき診断としては、「接触したことによる皮膚炎」「汗による湿疹」「脂性の人ができる脂漏性皮膚炎」「いわゆるたむしの魚鱗癬」「単純性痒疹」「皮膚が乾燥することで掻いてしまってできた湿疹の皮脂欠乏性湿疹」「手の湿疹」など、以上の症状はアトピーの診断のときは除外されます。

 

手の湿疹も除外されるのは、アトピー性皮膚炎以外の手湿疹を除外するためです。

アトピーの原因になるあらゆる刺激物について

アトピーの定義・診断基準・原因

皮膚のバリア機能の力が働きにくくなっているアトピーの人は、色々なものが刺激となり発症します。

 

洗剤や化粧品やなどが刺激となって発症する場合もありますし、乾燥した時や汗をかいてそれが刺激となった発症するときや、ダニがアレルゲンになるときもあります。小麦粉を使った石鹸で発症し、大きな問題となった事件もありました。

 

このように生活の中のあらゆるものが刺激となってしまうのがアトピーです。

 

特に食べ物が一番大きく影響してきます。 とくに、2、3歳の子供の食べ物には注意が必要です。消化器の機能が未熟な乳幼児は、アトピーのアレルゲンとなる物質が消化されないまま吸収されてしまいます。しかし、3歳を過ぎることから消化器の機能が発達してくると言われています。

 

病院でアトピーと診断された患者さんは医師からダメと言われるものに「コーヒー」「チョコ」「甘いもの」」「乳製品」などは食べないように言われます。コーヒーはよくないですが、お茶や紅茶はいいそうです。

 

度を越して飲まなければコーヒーだってお茶だって心配ないという人もいますが、アレルギーの場合は量に関係なく反応しやすいのでできれば避けましょう。といっても、あまり神経質になるとアトピーが悪化するとも言われていています。

 

ダニの他、カビもアルゲンになりますが、カビは住まいのカビばかりでなく、皮膚にすんでいるカビもあります。主に上半身にすんでいますが、中学生や高校生の時期、いわゆる思春期以降の成人にみられます。カビが原因で顔が赤くなる時もあります。

アトピーではなくニキビの場合

アトピーの定義・診断基準・原因

最近ではアトピーだけでなくニキビも増加しています。昔は大人ニキビは少なく、あっても症状の軽いものでした。ところが最近ではニキビも悪化する傾向があります。

 

昔の感覚ではニキビは病気ではありませんでしたが、今はニキビは完全な皮膚病と言えるでしょう。

 

正しいニキビケアが行われないなどにより、大人になっても肌の凸凹が治らないケースも少なくありません。正しいケアをすることによりニキビは治ります。

 

特にニキビができたあとのケアは大切です。では、どのようなケアをすれば良いでしょうか?

 

やはり手軽にできるケアとしてオススメなのは、人気のケア用品を使うことです。

 

ニキビ跡専用とした製品でおすすめできるのは「リプロスキン」。この製品は口コミやレビューでもかなりの高評価を得ています。また、自分の肌に合わなければお金を返金してもらうことができますので、ニキビ跡に悩んでいるという人は試してみると良いでしょう。